“妻が出会い系サイトのログに書いている感想について”

“夫人が書くハッピーメイル評定(日誌)を見つけました。平気普通の日誌なんですが、多分誰にも言わないであろう内心が綴られていて、凄いリアルに感じました。こうした夫人が出会い系サイトに手広く登録していることは容易に想像できますよね。なのでそのような夫人を相手にする例、婦人でありたいと思っている周辺を深く充たしてあげることが大切なんでしょうね。そうすれば、はなはだ濃い関わりを築ける不安は高くなると思います。
【ハッピーメイル評定・34年夫人(群馬県内)】
晴れるのかな?と、思えば曇り、やっぱり今日は爆笑ウェザーですよね。洗濯物品乾いたかなぁと心配になります。前日とおとといは出勤が大変だったから今日は少しだけ仕事をしてあとは不要にしました。明日からのウィークエンドは、キッズとの時刻なので、今日のような不要な太陽は正に貴重なんですよね。育児してると、とても自分の時刻ってないですよね。同居だから、お姑さんたちにキッズを任せるのも、まぁたまにならいいけど、気を使うしきちんと頻繁には無理ですしね。それでもお家に戻ればわたしは、奥様の面持ちになり、女の子の面持ちになるわけです。それは苦ではないけど、たまには、独力になりたい状況や、婦人でいたいときもありますよね。その時間は、わたしにはかなり大事で無駄にしたくない。例え出会い系サイトでのコンタクトも、仲間の奴と会う時間は、唯一、ぼくが婦人になれる時間でもあります。お仲間の方にも、そういうコンタクトでも無駄な時刻と思われないように、一緒に面白く会えて良かったと、思えたらいいのにって思ってます。こうした私のことを理解してくれる奴にまた出会いたいな。”

“妻が出会い系サイトのログに書いている感想について”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です