“SMについて書かれた出会い系サイト評定”

“SMについて激しく書かれたラッキーメールの評価がありました。「本当のSMは?」についてについて書かれていますね。確かにMです女性は、そのM水準が強ければ力強いほどその自分の性癖に耐えることが多いのかもしれませんね。そういった思いをストップしてあげるような評価だと思いました。
≪ラッキーメールの評価・栃木県内男(35年)≫
一生の人物と出会うは必ずや不思議ですよね。僕は根っからのSで、出会い系サイトではしょっちゅうMのおばさんを探しているわけですが、出会ってアッという間にSMをするわけでもありません。何かと話して、互いを知ってからですよね。Mのおばさんで、主を探しているなら、S男の説明やログ、どのようなSなのかを見極めなければなりませんよ。本当のSなのか、ただのエゴSなのか、パッと見は同じように見えるかもしれませんが、それは全くの別物です。ただ自分の期待でMおばさんを傷付けたいだけのエゴSもいますからね。それはSMではありません。これは不具合に聞こえるかもしれませんが、自分の大切なおばさん、下部だから責め、SMをするんです。女性も、愛している主だから、責められSMをするわけですよね。SMは二人の愛情の容姿だと思うんです。誰にも理解されなくても、二人だけがきつく理解しあえればそれでいいんですよね。Mおばさんなら、一度は自分の性癖に悩んだことがあるというんです。そして本当のわたくしを長く隠し続けた人も多いというんです。本当は、わたくしはM。SMをしたい。ご主人様が欲しい。調教されたい。縛れたい。鞭を打たれたい。蝋燭を垂らされたい。囚われたい。登場をしたい。首輪を付けられたい。玩具で責められたい。マニア下部になりたい。イマラチオをしたい。浣腸されたい。など。SMって凄く頑丈だという印象があるようですがそうではないんですよね。それほどMです事は照れくさい事ではありませんよ。それが本当の貴女なのですからね。二人だけの鍵ですしね。ありのままの貴女になりませんか?今のわたくしを卒業して私の前に裸で首輪を付けられ立ちませんか?私のログを見て何かを感じたらメール下さいね。”

“SMについて書かれた出会い系サイト評定”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です