“44年齢の熟女人彼女が自らの願望を赤裸々に告白するPCMAX評価”

“44歳の熟女人奥さんが書いているPCMAX評価がありました。誰にも絶対に言わないであろう、心の奥底の胸中みたいなものが綴られていますね。こういう人妻のように普段のくらしではそれほど満たされない希望を出会い系サイトで満たし、そしてまた住居へと戻っていくという人妻は多いんでしょうね。
【PCMAX顔合わせ的評価・44歳人妻(新潟県内)】
恋人と飲んだ直後、旅館へと歩いて向かっている通りがけでした。途中の真っ暗の公園で、肌着をずらされた。「未だにぐしょぐしょだね」私の断然敏感な辺りを弄られて変換を入れられてしまいました。本当は恥ずかしさとドキドキで何もできないとしていたのに。火を付けられた自分は狂ったように貪欲になる。いよいよ欲しくて欲しくてたまらない。暫く忙しくて会えなかったので始終これまで我慢していたものが、手の届くところにあるという醍醐味。いよいよしっかりしてなんかいられなくなってしまいます。丸飲みしてしまいたいほど欲している。自分が欲していたのは、至ってこういう硬さ。アッという間に硬くなっていく。これぞ思う存分待ちわびていた醍醐味。そして一つになった内。何も指図していないのに、当事者が動いているのがわかる。乾ききった喉に水気が通ったときのようなゴクゴク飲む呂律が聞こえてきそうなほど、私の奥底の主力部分が心から喜んでいるのがわかる。それぞれ意識して動くこともせず、だけども大半感情をたしかめるとそれだけで果てた。粘風精液が妙に愛おしく見えた。こういう香りにまた喜びを駆り立てられるのです。もっと一切飲んでしまいたかった。こんなに自分に喜びを与えてくれる恋人の裸が手の届くところにあると思うと、再び触れずにはいられない。何度でも何回でも、既に欲しくて欲しくてたまらない。久々だったので幾らか舞い上がりすぎてしまった気もします。やりたいだけ恋人の身体を借りて弄んでしまったのは少し懺悔ですね。これだと生身の身体によるオナニーみたいだし。でも毎日のようにオナニーしてても満たされなかったものが、恋人とのこういう一時で一瞬で満たされた。このような時間があるから、平凡でくだらない宿命も楽しみながら過ごしていけるというんです。恋人との非日常の夢のような時間は一気に過ぎ去っていき、そしてまた平凡な住居へと戻っていく。そういった繰り返しです。”

“44年齢の熟女人彼女が自らの願望を赤裸々に告白するPCMAX評価”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です